地球温暖化は農業から対策

最近は温室効果ガスなどの影響により、地球温暖化がかなり進んでいる状態だと言えるでしょう。このような状態なのに、外国ではお構いなしに温室効果ガスを排出しているところもあります。それに対して日本では、農業の分野でも地球温暖化対策を行っているのです。では、どのような対策を行っているのでしょうか。温室効果ガスというのは、実は農業を行っている土壌からも出ているのです。

そのため、土壌から排出される温室効果ガスを抑えるような農業技術の確立が求められていると言えるでしょう。主な方法としては、土壌の温度をできる限り抑えられるような方法の導入です。土壌の温度を下げることで、農作物への影響も少なくできるため、適切な方法で水を管理する、遮光資材を用いるなどの対策が行われています。

他にも高温体制を強化するなどの対策を行っているところもあるのです。農業を行っている人の多くは、近年ではトラクターなどを使用することが多いでしょう。トラクターなども車と同じ原理で動かしているので、やはり温室効果ガスを排出しています。しかし、高齢化が進んでいるだけではなく、効率が求められる現在では、このような機械を使わないで作業することはできません。

そこで車と同じように、温室効果ガスの排出量が少ないエコでクリーンなトラクターなども登場していますし、使用する燃料も、ある程度少なくて済むようにいろいろと研究開発されているのです。当サイトでは、農業の大切さを知ってもらうだけではなく、温暖化の対策についてもいろいろと紹介させていただいています。